わたしの世界

はならぁと 2014

今 奈良では はならぁと という アートフェスティバルが開催されています。
町家などを利用して色んなテイストなアーティストさんが作品を展示されています。
メインエリアの生駒・きたまち・郡山エリアが16日(日)までの開催となっておりました。

14日(金)には、フルコトさんへ納品の予定があったので、その後 日+月+星 さんへ
こちらでは魚住勇太さんのcellという「環境と自身と反応し音を織り続ける装置」なるものが展示されていました。

CIMG3690.jpg

この 写真だけでは全く伝わらないという・・・(汗)

グリーンの台の上に はりがねなどで出来た正方形の枠で、4つある触手が動く機械
見ていると生き物の様に見えてくるのが不思議・・・
その触手が感じたものが音に変換されて空間に響いてるんです。
音は所謂「ドローン音楽」 音の抑揚があまり無く、途切れずにずーーーっと響いていて、まどろむ様な感じ。
そして、ある瞬間 何らかの時突然に 窓に近い方にある だらーんとしな垂れているもの
そこにひとつ新しい音と形を持ったものが産まれ、紙にプリントされて出てくるんです。  説明が難しいです・・・

ギャラリーの空間の中に何かしらの意思をもって動くそのものは なんだか愛おしく 
一緒にその空間に留まり いつまでも見ていたいと思いました。



そして 16日(日)は郡山エリアに行ってきました。
まず 旧川本邸へ  こちらは遊郭だった建物。なかなか足を踏み入れる事のない場所・・・
中の作りがそのままで、小部屋が沢山並ぶ廊下を通り、その部屋部屋に展示されている作品を見て回りました。


IMG_20141116_151601_428.jpg


とても素敵だったのが Re:planter



IMG_20141116_151919_684.jpg

IMG_20141116_151903_095.jpg


IMG_20141116_152737_421.jpg


丸いガラスの中に植栽がされていてひとつの世界が出来上がっています。
これが吊り下げのライトになっていて 空間に ぽつん ぽつん と 浮かんでいます。
これが遊郭のお部屋の中に浮いているのが 儚げで・・・とても美しい景色でした。



次に向かったのが 南大工町の家  こちらでは今村遼佑さんのとても繊細な作品が展示されていました。

IMG_20141116_161317_704.jpg

この 木馬  ゆーっくりと回ってるんです。
静かな薄暗い部屋の中で、畳の上にぽんっと何気なく積み重ねられてる本。 お家の中に普通にありそうな光景。
そこに何かの思いや記憶が浮かび上がるかのように そこに表れてきた様な・・・

IMG_20141116_161547_801.jpg

と 部屋の隅にあったテーブルの上

何を照らす為なのか 誰かを待っているのか  佇む姿がきゅん・・・となります。



どの場所の作品も 全て世界観が素敵で 
ゆっくりとその場を感じながら佇みたいと思うものばかりで、素敵な時間を過ごしました。


今井町・八木札の辻では、まだこれからも開催されている様です。

はならぁと2014
関連記事

文字を大きく・小さく

    べんぴねこボタン2

    プロフィール

    yumi

    Author:yumi
    主にビーズ刺繍のアクセサリーを作っています
    奈良市在住

    ホームページ
    Twitter
    Facebook

    CalendArchive

    最新記事

    book


    まとめ